「助け合いが生きがいに」 羽後町で共助考えるフォーラム

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
共助について理解を深めたフォーラム
共助について理解を深めたフォーラム

 共助の在り方を考える「助け合いの地域づくりフォーラムinうご」がこのほど、秋田県羽後町文化交流施設・美里音(みりおん)で開かれた。町民約180人が基調講演や事例発表に耳を傾け、住民同士の支え合いの必要性について理解を深めた。

 介護保険制度の改正により、共助を推進する「生活支援体制整備事業」の導入が全国の市町村に義務付けられており、フォーラムは町民の共助活動参加の機運を高めようと、町と町社会福祉協議会が主催した。

 全国の自治体に対し、同事業導入のアドバイスを行っている公益財団法人さわやか福祉財団(本部・東京)の堀田力会長が基調講演。要介護高齢者の増加に伴い「予算や介護に携わる人材が不足し、介護保険制度は限界に来ている」と指摘した上で、「(高齢者を支えるには)地域での助け合いしか方法はない。人の役に立つことで得られる満足感は生きがいになり、自分の幸せにつながる」と共助活動への参加を呼び掛けた。

(全文 806 文字 / 残り 405 文字)