中学生、はつらつプレー 男鹿でなまはげカップバスケ大会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内外の中学生チームが熱戦を繰り広げているなまはげカップ=男鹿市総合体育館
県内外の中学生チームが熱戦を繰り広げているなまはげカップ=男鹿市総合体育館

 第9回なまはげカップ中学生バスケットボール大会が28日、秋田県男鹿市の市総合体育館と若美総合体育館で始まった。県内外から男子12チーム、女子8チームが出場し熱戦を展開している。30日まで。

 大会は、プロバスケットボール・秋田ノーザンハピネッツの元ヘッドコーチ中村和雄さん(同市船越出身)が、ジュニア層のレベルアップを目的に提案し2011年に始まった。市などでつくる実行委員会の主催。

 今回は県内のほか、男子は北海道、青森、岩手、山形、福島、新潟、女子は青森、岩手、新潟の各県からも参加している。県勢は男子が秋田ノーザンハピネッツU14ユース(秋田市)、城東中(同)、湯沢北中(湯沢市)、男鹿東中(男鹿市)の4チーム、女子が秋田ノーザンハピネッツU14ユース、泉中(秋田市)、秋田東中(同)、羽城中(潟上市)、男鹿東中の5チーム。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 475 文字 / 残り 110 文字)

秋田の最新ニュース