佐藤彩乃選手、ハピブーの前で決意表明 誕生日に五輪へ向け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブースターの前で五輪への決意を語った佐藤
ブースターの前で五輪への決意を語った佐藤

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は29日、各地で9試合を行った。第15節第2日、東地区5位の秋田ノーザンハピネッツは秋田市のCNAアリーナで同首位の宇都宮と対戦。試合前に、秋田県勢として来年の東京五輪代表第1号となったカヌー・スラローム女子カナディアンシングルの佐藤彩乃(秋田病理組織細胞診研究センター)が、ブースターの前で本番への抱負を語った。

 この日は23歳の誕生日。五輪出場決定と合わせて会場からは祝福の拍手が送られた。佐藤は「私が思う以上にたくさんの人に応援してもらっている。期待に応えられるように、本番では自分が本当にしたいこぎができるように頑張りたい」と述べた。

(全文 333 文字 / 残り 41 文字)