いぐねわらしいねがー 能代市浅内、ナゴメハギ災厄はらう

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雄たけびを上げて子どもに迫るナゴメハギ
雄たけびを上げて子どもに迫るナゴメハギ

 能代市浅内地区に伝わる大みそかの行事「ナゴメハギ」が31日夜、行われた。番楽用の面と稲わらで編んだケラを身に着けた地元の青年たちが「いぐねわらし(悪い子ども)いねがー」と叫びながら家々を回り、災厄をはらった。

 浅内ナゴメハギ保存会(保坂智之会長)の20~40代の12人が浅内神社でおはらいを受けて午後6時ごろ出発。作り物の包丁やおのを手にして「山の神」に扮(ふん)し、地区内の約100軒を巡った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 438 文字 / 残り 239 文字)

秋田の最新ニュース