社会減と向き合う:アニメスタジオ 夢追える扉開けたい

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
都内のスタジオで、アニメ業界と古里秋田への思いを語る石垣さん
都内のスタジオで、アニメ業界と古里秋田への思いを語る石垣さん

 地方の人口減の理由の一つは都市部への人の転出にある。入ってきた人より、出て行った人の数が多い現象は「社会減」といわれ、秋田県では毎年4千人に上る。戦後一貫して続く社会減は、人材を供給する地方と人をのみ込む都市の構図を物語っている。だが、古里を離れた人たちと故郷の人、企業、行政などがもっとつながりを強めれば、新たな展望も見えてくる。

 ◇  ◇

 2019年10月8日、秋田県庁。東京でアニメプロダクションを経営する石垣努さん(65)=湯沢市出身=は佐竹敬久知事、穂積志秋田市長から誘致企業決定通知書を受け取り、表情を引き締めた。

 「県として最大限の支援をする」(佐竹知事)、「若者が活躍できる場を提供していただきありがたい」(穂積市長)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 3165 文字 / 残り 2847 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース