社会減と向き合う:カフェブティック(上)駅前やばい、私が動く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「楽しい場所がないなら自分がつくろうって決めた」と語るmaikoさん=秋田市中通のグランマ
「楽しい場所がないなら自分がつくろうって決めた」と語るmaikoさん=秋田市中通のグランマ

 柔らかなランプの光が店内を照らす。出窓に置かれた旧式のラジオ。ビロードのソファ。さりげなく飾られたドライフラワー。秋田市の中心市街地、中通にあるカフェブティック「グランマ」は温かく、どこか懐かしい雰囲気だ。

 男鹿市(旧若美町)出身で東京都在住のスタイリスト・maikoさん(38)=本名・吉田麻衣子=が2017年1月にオープンした店だ。

 東京で暮らしながら、maikoさんが秋田に店をオープンさせたのにはまず、07年に上京した時のある思いがあった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 970 文字 / 残り 745 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース