ピアノ三重奏「葵トリオ」東北初公演へ アトリオンで13日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
13日にアトリオンでコンサートを開く葵トリオ(左から伊東、秋元、小川)
13日にアトリオンでコンサートを開く葵トリオ(左から伊東、秋元、小川)

 2018年に開催された第67回ミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ三重奏部門で、日本人団体として初めて第1位に輝いた「葵トリオ」が13日、秋田市中通のアトリオン音楽ホールでコンサートを開く。東北初となる公演で、ベートーベンのピアノ三重奏曲などを披露する。

 ピアノは秋元孝介(兵庫県出身)、小川響子と伊東裕(いずれも奈良県出身)がそれぞれバイオリン、チェロを担当する。3人は東京芸術大大学院在学中にトリオを結成し、各自の名字の頭文字を取って「葵」と命名した。

 秋田公演の曲目は、ベートーベンのピアノ三重奏曲第1番変ホ長調、ブラームスのピアノ三重奏曲第2番ハ長調、ラベルのピアノ三重奏曲イ短調。

(全文 504 文字 / 残り 208 文字)