時代を語る・土田雄一(4)山梨の農業校に合格

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
キープ協会を創設したポール・ラッシュ博士の言葉。土田牧場の石碑に刻んである
キープ協会を創設したポール・ラッシュ博士の言葉。土田牧場の石碑に刻んである

 矢島中学校へ入学後の昭和37(1962)年ごろだったでしょうか。山梨県・八ケ岳山麓にある「キープ協会清里農業学校」という学校のパンフレットが何げなく居間に置いてありました。矢島町(現由利本荘市)の農業委員をしていた父太郎が県外視察で協会を見学した際、パンフを持ち帰ってきていたようでした。

 〈「キープ協会」は昭和13年、米国人のポール・ラッシュ博士によって設立されたキリスト教系団体。民主主義の普及や農村問題の解決を目的に教会のほか、診療所、図書館、保育園、農場を併設。清里農業学校は米国産のジャージー牛を飼いながら、酪農や農業を学ぶ課程が用意されていた〉

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 471 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース