地上イージス、県要望に防衛省ゼロ回答 知事容認しない要因に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久秋田県知事は6日の年頭会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する防衛省の計画に関し、県と同省の事務レベルのやりとりで安全対策などの注文を付けていたことを明らかにし「要望に対し防衛省の回答はほとんどゼロだった。このままでは(配備は)難しいだろうと考えた」と述べた。自身が新屋配備を容認しない方向に傾いた要因として、県側の要望を受け入れない同省の対応があったことを示した。

 佐竹知事は事務方同士の水面下のやりとりがあったことを認め、その中で「新屋演習場周辺の学校などの敷地を買い取ってもらい、隊員の官舎を造って一定の緩衝地帯にすること、爆風を防ぐための土塁を設けることなどを求めた」と説明。

(全文 544 文字 / 残り 221 文字)