イージス配備の是非、知事「夏までに結論」 定例会見で発言

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久秋田県知事は6日、地上イージスを陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に配備する計画の是非について、防衛省が実施している再調査の結果説明を踏まえ、「(最終的に)夏ごろまでに結論を出す必要がある」と述べた。同日の定例会見で発言した。

 防衛省は、新屋を適地とする調査報告書にずさんなデータを記載していた問題が発覚し、新屋演習場のほか青森、秋田、山形3県の国有地19カ所に配備可能かどうかについて再調査を実施している。調査期限は3月20日。

(全文 319 文字 / 残り 101 文字)