時代を語る・土田雄一(5)本場米国に強い憧れ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
清里農業学校には最新のアメリカ製トラクターが導入されていた=キープ協会のホームページから
清里農業学校には最新のアメリカ製トラクターが導入されていた=キープ協会のホームページから

 山梨の清里農業学校に合格・進学することは、家族以外には内緒にしていました。周囲からは、西目農業高校(現西目高)に受かれば、そこへ進むのは当然と思われていました。ですから矢島中学校の担任から大目玉を食ってしまいました。「何寝ぼけたこと言ってるんだ。西目農の入学を辞退するばかがどこにいるんだ」

 当時、矢島町内の各家庭には有線放送があり、高校入試の結果が速報されました。なぜ西目農に行かないのかと、親戚や知り合いの多くから、けげんな顔をされたり、言われ方をされたりしたものです。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 762 文字 / 残り 524 文字)

この連載企画の記事一覧