筆に思い、新たな決意 八郎潟町で書き初め会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八つ切り紙に「東京五輪」と書く参加者
八つ切り紙に「東京五輪」と書く参加者

 秋田県八郎潟町の新春書き初め会が5日、同町えきまえ交流館はちパルで開かれた。小学生から大人まで33人が町内外から参加し、新年への思いを込め筆を執った。能代市の能代松陽高校書道部によるパフォーマンスも披露され、観衆を楽しませた。

 町公民館の主催。参加者のうち小中学生21人は「花さく里」「東京五輪」などのお題に挑戦した。行書で「新たな決意」としたためた小林歩夢さん(八郎潟中2年)は「バランスに注意しつつ、太く大きく書くことを意識した。今年は受験に向かって頑張りたい」と話した。

(全文 533 文字 / 残り 294 文字)