おらほの宝:塚ノ下遺跡出土土偶(大館市) つり目、まるで「宇宙人」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
黒くて大きなつり目が特徴的な「塚ノ下遺跡出土土偶」
黒くて大きなつり目が特徴的な「塚ノ下遺跡出土土偶」

 県北地区の人々が「宝」と誇る名品や出土品、風景を紹介する。

 ◇  ◇

 「ワレワレハ宇宙人ダ…」。黒くて大きなつり目がひときわ目を引く土偶からは、こんな声が聞こえてきそうだ。

 展示されているのは大館市釈迦内の大館郷土博物館。正式名は「塚ノ下遺跡出土土偶」だが、「宇宙人土偶」の呼び名で知られる。職員の若宮司さん(61)は「英ロンドンの大英博物館で国宝と一緒に展示されたこともある」と語る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 599 文字 / 残り 405 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース