雪不足でアルペン会場変更 県中学スキー大会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゲレンデの一部で土が見える花輪スキー場=8日午後3時20分
ゲレンデの一部で土が見える花輪スキー場=8日午後3時20分

 秋田県中体連スキー専門部は8日、鹿角市の花輪スキー場で行う予定の県中学校スキー大会(10~13日)のアルペン競技の会場を、雪不足のため同市の秋田八幡平スキー場に変更することを決めた。同じく花輪スキー場で開催予定の県高校総体スキー競技会(11~15日)についても、県高体連スキー専門部が会場変更などを検討している。両大会とも大会全体の開催期日は変更しない方針で、実施スケジュールを調整している。

 両大会の会場となる花輪スキー場は、8日朝時点で積雪は約20センチ。朝から降り続いた雨でさらに雪が解け、5~10センチまで減っており、一部で土が見える状態となっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 741 文字 / 残り 460 文字)

秋田の最新ニュース