インフルエンザ、県内警報レベルに 今シーズン初

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は9日、昨年12月29日までの1週間に県内医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が1機関当たり33・61人となり、前週の1・5倍に増加したと発表した。県全体で警報レベルの30人を超えたのは今シーズン初めて。

(全文 276 文字 / 残り 166 文字)