傷害疑いで受刑者を書類送検 秋田刑務所

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田刑務所は9日、傷害の疑いで、50代男性受刑者を書類送検した。

 送検容疑は昨年10月29日午前7時45分ごろ、職業訓練棟の工場内で30代男性受刑者の顔や頭を殴り、左目付近の骨を折るけがを負わせた疑い。容疑を認めている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 214 文字 / 残り 103 文字)

秋田の最新ニュース