地方点描:国際感覚[能代支局]

お気に入りに登録

 能代山本地域の企業・商業関係者と会話すると、自分たちの地域以外の事情に関心が低いと感じることがある。海外の話になるとなおさらだ。年始の能代市での新年交歓会で、緊迫するイラン情勢や米国・EU経済が話に上ると、それまでざわざわしていた会場が急に静かになったように見受けた。

 海外に関心のない理由の多くは「自社事業にほとんど関係ないから」という。海外旅行経験豊かな市内のある経営者は「視野を広げ、日本と違う価値観を知るのに海外は一番だが、いざ行くとなれば、時間的、金銭的に余裕があると周りに思われてしまう」と明かす。2018年の能代山本4市町の在留外国人数と外国人宿泊者数を足しても、4市町の人口の2%程度。地域で暮らす人たちが日常的に外国人に関わる機会は少ない。海外は縁遠くて当たり前といった感覚か。

(全文 646 文字 / 残り 297 文字)