上小阿仁の自動運転サービス1カ月 利用者低調、目標の半分

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
上小阿仁村の国保診療所に停車する自動運転サービスの車両=昨年12月2日
上小阿仁村の国保診療所に停車する自動運転サービスの車両=昨年12月2日

 秋田県上小阿仁村内を回る全国初の自動運転サービスが開始から1カ月経過した。国土交通省東北地方整備局のまとめでは、先月1~26日の利用者数は延べ186人、1日平均約7人で当初目標とした15人の半数にとどまった。同局は利便性が低いとして定期便を先月20日でやめ、現在は予約便のみ運行している。

 自動運転サービスは、道の駅「かみこあに」を発着点に「堂川・小沢田」「福館・小沢田」「小沢田」を回るルートがあり、7人乗りの小型車両が電磁誘導線を敷設した場所を走る。運賃は1回200円。運行を担うNPO法人上小阿仁村移送サービス協会に会員登録して乗車できる。当初、定期便は午前と午後に各1本、予約便は定期便の空き時間と土・日曜の運行としていた。

(全文 750 文字 / 残り 433 文字)