ごてんまり、成人式で身に付けて ピアス、髪ゴムなど販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ごてんまりのアクセサリーを手にする奥村さん
ごてんまりのアクセサリーを手にする奥村さん

 12日に開かれる秋田県由利本荘市の成人式に合わせ、同市西目町の奥村潤子さん(33)が、市の伝統工芸「本荘ごてんまり」をモチーフにしたアクセサリーを制作、市文化交流館カダーレ内の物産館「ゆりぷらざ」で販売している。奥村さんは「着物にもぴったり合う。ハレの日を郷土色豊かなアイテムで飾ってほしい」と話している。

 制作したのはイヤリング、ピアス、かんざし、髪ゴム。リリアン糸と金糸で菊の花などの刺しゅうを施した直径2~3センチのカラフルなごてんまりを、かわいらしくあしらっている。

 奥村さんはさまざまなアイデアを温めており、成人式後も季節に合った商品を制作、販売していく考えだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 685 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース