ラーメン店多い県、脳卒中死亡も多い 秋田含め傾向顕著

お気に入りに登録

 ラーメン店がたくさんある都道府県は脳卒中による死亡者が多い―。こんな研究結果を自治医大のチームがまとめた。脳卒中や心筋梗塞による死亡との関係を調べると、人口当たりのラーメン店が多いほど脳卒中の死者が多かった。

 青森、秋田、山形、新潟県などの寒冷地に加え、栃木、鹿児島県でこうした傾向が強かった。

(全文 245 文字 / 残り 97 文字)