障害児の絵を日用品に ベトナムブランドを展示販売、五城目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ベトナムの子どもたちが描いた絵をあしらった日用品を扱う「トーヘ」の展示販売会
ベトナムの子どもたちが描いた絵をあしらった日用品を扱う「トーヘ」の展示販売会

 ベトナムの養護学校の子どもたちが描いた絵をあしらった日用品を製造販売し、利益を子どもたちに還元している同国のブランド「Tohe(トーヘ)」の展示販売会が、秋田県五城目町上町のギャラリー「ものかたり」で開かれている。色彩豊かな絵がプリントされた小物や衣類、アクセサリーなど約250点が並んでいる。19日まで。

 トーヘは10年ほど前に立ち上げられた。養護学校でアート教室を開き、子どもたちの作品を生かした商品の企画から生産までを同国で行っている。障害のある子どもたちに社会で活躍する機会を提供するとともに、将来の自立を促す狙い。日本では香川県在住の山岸紗恵さん(38)が2017年からトーヘブランドの代理店業を営み、販売や情報発信を担っている。

 県内で展示販売会が開催されるのは初めて。財布やペンケース、バッグ、衣服などさまざまな商品をそろえた。子どもたちが描いた人や動物、花などの絵があしらわれ、カラフルな色使いが目を引く。価格は千~3千円台が中心。

(全文 620 文字 / 残り 195 文字)