ハピネッツ「ノーザンゲート」で初練習 白濱主将ら参加

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ハピネッツの新たな練習拠点となる秋田ノーザンゲートスクエア=秋田市中通
ハピネッツの新たな練習拠点となる秋田ノーザンゲートスクエア=秋田市中通

 バスケットボール男子Bリーグ1部の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は12日、昨年12月に秋田駅東口に完成した体育施設「秋田ノーザンゲートスクエア」(秋田市中通)で初練習を行った。

 秋田ノーザンゲートスクエアは、駅周辺の再開発事業「ノーザンステーションゲート秋田」の一環としてJR秋田支社が建設。ハピネッツと同支社のバスケットボール部・ペッカーズの練習拠点となる。コート2面のほか、専用のロッカールームやトレーニングルーム、シャワー室が備えられている。

 この日の練習には白濱僚祐主将ら13人が参加。15日の千葉戦に向け、戦術などを確認しながら熱のこもったプレーを見せた。

(全文 501 文字 / 残り 215 文字)

秋田の最新ニュース