1区鈴木優花、区間4位の力走 都道府県対抗女子駅伝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鈴木優花
鈴木優花

 第38回全国都道府県対抗女子駅伝は12日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着の9区間、42・195キロで行われ、本県は2時間23分10秒の30位だった。

 秋田県はどの選手もオーバーペースでレースを進めたが、最後まで持ちこたえることができなかった。児玉弘幸監督(大館鳳鳴高教)は「選手たちは頑張ってくれた。今後はスピードに加え、耐久力も強化したい」と話した。

 1区では長崎の広中璃梨佳(日本郵政グループ)が中盤から抜け出して区間新をマークしたが、鈴木優花は冷静に対処した。自分のペースで走ることに切り替え、広中と44秒差の区間4位でたすきをつないだ。「難しい展開だったが、体調を考えればいいレースができた」と振り返った。

(全文 707 文字 / 残り 387 文字)