高校球児の肩や肘検診、県高野連 秋田市で初開催

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
選手の肘の状態を確認した超音波検査
選手の肘の状態を確認した超音波検査

 整形外科医らによる秋田県内の高校球児を対象とした肩・肘検診が12日、秋田市の秋田中央高で行われた。故障予防とパフォーマンス向上につなげてもらおうと県高野連が初めて開催した。

 投手と捕手を中心に35校の約90人が参加。結果を基に、それぞれの身体的特徴や課題への改善方法が伝えられた。

(全文 407 文字 / 残り 266 文字)

同じキーワードのイベント情報