風車や太陽光パネルに規制 にかほ市、県内初の景観計画

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県にかほ市は、風力発電の風車や太陽光発電パネルの設置規制を盛り込んだ景観計画を策定した。計画を反映した条例案を2月下旬開会予定の市議会3月定例会に上程する。計画、条例ともに7月1日の施行を目指す。風車や太陽光パネルを直接規制する景観計画は、県内自治体で初めて。

 にかほ市はこれまで、市内の建築物について、県の条例に準ずる形で規制してきた。ただ、近年増加する風車や太陽光パネルは直接規制できないため、2018年から景観計画と条例の策定に着手した。

(全文 743 文字 / 残り 518 文字)