「秋田牛しぐれ煮」開発、全国販売 焼き肉店×つくだ煮店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日野と千田佐市商店が開発した「秋田牛しぐれ煮」
日野と千田佐市商店が開発した「秋田牛しぐれ煮」

 焼き肉店・秋田牛玄亭(秋田市)など飲食店11店を展開する「日野」(横手市)とつくだ煮製造業「千田佐市商店」(潟上市)は、県産黒毛和牛・秋田牛(ぎゅう)を使った「秋田牛しぐれ煮」を共同開発した。16~21日に東急百貨店東横店(東京・渋谷)の「秋田物産展」で販売するほか、全国の百貨店や土産店で売り出す予定。

 しぐれ煮は、秋田牛のすねや肩などの肉に横手市産のリンゴ、しょうゆ、砂糖、ショウガなどを加えて煮込む。リンゴの甘みが牛肉のうま味を引き立てるという。添加物は使っていない。

(全文 445 文字 / 残り 207 文字)