「最後まで全力で戦い抜く」 鹿角市で県体スキー開会式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
堂々と宣誓する佐藤
堂々と宣誓する佐藤

 第71回県民体育大会冬季スキー競技会は16日、秋田県鹿角市の鹿角トレーニングセンター・アルパスで開会式を行った。選手、役員ら約180人が参加し、各選手は第75回国体冬季スキー競技会(2月16~19日・富山県)出場に向けて意欲を新たにした。

 県スキー連盟の佐藤英樹会長が「高い志を掲げ、その目標を達成しようとする気構えを力強い滑りで表すことを期待している」とあいさつ。女子距離成年Aに出場する佐藤葵(早大4年)が「大会を開催してくださった方々に感謝し、スキーができる喜びを胸に最後まで全力で戦い抜く」と宣誓した。

(全文 385 文字 / 残り 129 文字)