ルポ:台湾の秋田犬 暖かい島、愛情たっぷり育つ【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
審査の待ち時間に秋田犬を連れて交流する飼い主ら
審査の待ち時間に秋田犬を連れて交流する飼い主ら

 台湾南部・台南市内の中学校の校庭に「ワンワン、ワン」と元気な鳴き声が響く。先月開かれた秋田犬保存会の台湾支部展には、総勢57匹の犬がエントリー。凜(りん)とした立ち姿を披露して容姿を競い、台湾のファンの目を楽しませていた。会場に足を運んだ記者が、展覧会の様子と台湾の秋田犬事情をリポートする。

 雲一つない青空の下、年齢と性別ごとに分けて審査は行われた。犬たちは飼い主に連れられて審査員の前に立ち、耳の立ち方や尾の巻き方などをじっくりと観察される。ピッと背筋を伸ばし、りりしい表情で前を向く姿に何度も感心させられた。一時は30度を超える気温となったが、どの犬も集中力を切らさず、見事な立ち姿を見せていた。

 審査に当たったのは、大館市から訪れた審査員歴16年の若松好直さん(66)。飼い主たちに「一年を通して暖かい台湾では、犬が運動不足になって体が小さくなりがち。気温に注意しながら、なるべく運動させてほしい」などとアドバイスしていた。

 慣れない中国語の中、翻訳機を片手に取材を試みていた記者を見て、展覧会に参加していた日本人の上門美優さん(23)が通訳を買って出てくれた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1362 文字 / 残り 876 文字)

秋田の最新ニュース