県警、秋田地検に近く書類送付か おばこ未収金問題背任告発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県警察本部(資料写真)
秋田県警察本部(資料写真)

 コメの直接販売事業で巨額の未収金を抱えるJA秋田おばこ(本所大仙市)の役職員3人が背任容疑で組合員に刑事告発された問題で、県警が捜査結果を秋田地検に近く書類送付することを検討していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 関係者によると、役職員3人は2015~16年度、宮城県のコメ卸売会社に多額の未収金があり、代金回収が見込めないことを認識できる状況にありながらコメ販売を続け、おばこに損害を与えた疑いがあるとして告発された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 536 文字 / 残り 318 文字)

秋田の最新ニュース