さきがけ政経懇話会:昭和・平成の政治家、令和の安倍政権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大下英治さん
大下英治さん

 秋田さきがけ政経懇話会の新春特別合同例会が16日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれ、作家の大下英治さん(75)が「昭和・平成の政治家、令和の安倍政権」と題して講演した。安倍晋三首相を支える二大政治家として、二階俊博自民党幹事長と湯沢市出身の菅義偉官房長官の名を挙げ「2人が組んだら、安倍さんも『菅ちゃんにやらせてもいい』と考えるのではないか」と予測。菅氏を「ポスト安倍」の最有力候補との見方を示した。

 大下さんは官房長官を「参謀型」と「忠犬型」に分類した。代表格として前者は中曽根康弘政権での後藤田正晴氏、後者は竹下登政権での小渕恵三氏を挙げた。

(全文 1080 文字 / 残り 806 文字)