19年の中国成長率、6・1%増 米中摩擦で29年ぶり低水準

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米ジョージア州の港に積まれた中国の貨物コンテナ=2018年、サバンナ(AP=共同)
米ジョージア州の港に積まれた中国の貨物コンテナ=2018年、サバンナ(AP=共同)

 【北京共同】中国国家統計局が17日発表した2019年の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年比6・1%増だった。米中貿易摩擦が長引き、18年から0・5ポイント減速。天安門事件後の経済制裁で3・9%に落ち込んだ1990年以来、29年ぶりの低い伸び率となった。経済規模で米国に次ぐ世界2位の中国の低迷が続けば、日本や世界経済への悪影響は避けられない。

 米中は米東部時間15日(米東部時間)に貿易協議の「第1段階」合意に署名したが、米国による対中制裁関税は維持され、全廃される見通しは立っていない。