胃手術で大腸がん関連細菌が増加 腸内環境変化で発症予防も

お気に入りに登録

 胃がんで胃を切除すると腸内環境が大きく変わり、大腸がんとの関連が指摘される細菌が増える可能性があるとする研究結果を、東京工業大や大阪大などのチームが17日、発表した。胃がん患者は大腸がんを発症するリスクが高いことが知られており、発症予防につながることが期待される。

 チームは国立がん研究センター中央病院で大腸の内視鏡検査を受けた人のうち、胃がんで胃を全摘か約3分の2切除した患者計50人と健常者56人の便のゲノムなどを解析し、腸内細菌の種類や構造を調べた。胃を全摘した患者は、初期の大腸がん患者に多く見られる細菌や、細菌が作り出す物質が多いという特徴があった。