映画ロケで地域が変わった 鹿角市に「ロケーション」特別賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 デイアンドナイトのDVD発売記念イベントで登壇する(左から)藤井監督、主演の阿部進之介さん、伊藤主税プロデューサー=昨年12月、鹿角市花輪
デイアンドナイトのDVD発売記念イベントで登壇する(左から)藤井監督、主演の阿部進之介さん、伊藤主税プロデューサー=昨年12月、鹿角市花輪

 映画やドラマを通じ、地域を活性化させた作品と自治体を表彰する「第10回ロケーションジャパン大賞」の特別賞・地域の変化部門に、映画「デイアンドナイト」とロケ地の秋田県鹿角市が選ばれた。市を挙げて撮影をサポートしたことや映画を観光客の増加につなげた点が評価された。

 大賞は映画やドラマのロケ地を紹介する雑誌「ロケーションジャパン」(東京)が主催。読者アンケートによる作品の支持率、世界観がどれだけ楽しめるかを測るロケ地行楽度、撮影のサポート態勢などをポイント化して各賞を選考した。

 今回は2018年12月~19年11月に公開された40作品・63地域が対象で、グランプリは映画「翔んで埼玉」と埼玉県、準グランプリはNHK連続テレビ小説「なつぞら」と北海道十勝エリアだった。

 デイアンドナイトは俳優の山田孝之さんがプロデュースし、17年11月に鹿角市など県内でロケを行い、19年1月に公開した。同市での撮影では、冷え込みが厳しい日に地元ボランティアが炊き出しを行った。観光面ではロケ地ガイドを4万部作成して配布したり、ツアーを行ったりして全国にPRした。ロケ地の一つである交流体験施設・中滝ふるさと学舎(十和田大湯)の19年度の入り込み客数は前年度比3割増となっている。

(全文 835 文字 / 残り 303 文字)