「無印」業績回復の秘密は? 良品計画・松井前会長が講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新春経営トップセミナーで講演する松井社長=秋田市の秋田キャッスルホテル
新春経営トップセミナーで講演する松井社長=秋田市の秋田キャッスルホテル

 「無印良品」を展開する良品計画(東京都豊島区)の前会長・松井忠三さん(70)は16日、秋田市の秋田キャッスルホテルで講演し、赤字から業績を回復させるために「店舗運営のマニュアルを作り業務の標準化と『見える化』を実行した」と述べた。

 演題は「無印良品は仕組みが9割」。2001年に良品計画の社長に就任し、38億円の赤字を出したことを振り返った。希望退職を募ったところ優秀な社員から辞める結果となり、「それまでの会社は上司の背中を見て学ぶ経験主義であったため、経験や知識がゼロになってしまった」と語った。

(全文 543 文字 / 残り 292 文字)