住民主体の交流推進評価 藤里町にふるさとづくり大賞奨励賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かもや堂で行われた町民向けのパン作り教室=昨年6月
かもや堂で行われた町民向けのパン作り教室=昨年6月

 総務省が地域活性化に実績のあった民間団体や自治体、個人に贈る2019年度「ふるさとづくり大賞」で、秋田県藤里町が奨励賞(総務大臣表彰)を受賞した。住民が主体となり、まちづくりや地域交流拠点施設の整備に取り組んだ点が評価された。24日に都内で表彰式が行われる。

 藤里町は、まちづくりを通じて地域愛を育むことを目的に「Reデザインプロジェクト」を15年度に開始。空き店舗を改修した地域交流拠点施設「かもや堂」で町民がイベントを運営し、町のコミュニティー誌作りにも編集者として参加するなど、町民が主体的にまちづくりに参加する形を整えた。これらの活動から町民による新たなまちづくり団体も誕生した。

(全文 522 文字 / 残り 227 文字)

秋田の最新ニュース