遠い風近い風[小玉節郎]ワインと日本酒

お気に入りに登録

 40年を超えてワインの広告に携わったので、ワインを飲むについて構えることがない。そのままの気持ちで、ワインを飲みに行こうと誘うと、多くの人が「私、ワインがわからなくて」という。驚くほど多くの人が、こう言います。この言葉を繰り返し耳にして、ワインがわかる、というのはどういうことだろうと考えるようになった。ワインがわからない、という人に「じゃ、日本酒はわかるの?」と聞き返すと、タジタジとなる。

 想像するに、ワインの場合「その産地だとか葡萄(ぶどう)品種や収穫年、熟成を待った方がいいのかどうか、合わせる料理に何を選ぶかなどなど、知識がないと恥ずかしい」と思っているのではないか。日本人にはそういう傾向がある。

(全文 1195 文字 / 残り 890 文字)

この連載企画の記事一覧