井上尚弥がボクシング最高試合 対ドネア戦、全米記者協会が発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ノニト・ドネア(左)を攻める井上尚弥=2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナ
ノニト・ドネア(左)を攻める井上尚弥=2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナ

 【ニューヨーク共同】全米ボクシング記者協会は17日、2019年の各賞を発表し、年間最高試合に井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を判定で下した11月7日のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝が選ばれた。

 年間最優秀選手には11月の試合で4階級制覇を達成した、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級スーパー王者のサウル・アルバレス(メキシコ)が選出された。