DバックスFA平野、下旬に渡米 所属先未定も「頑張る」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自主トレを公開し、キャッチボールする平野=京都府久御山町
自主トレを公開し、キャッチボールする平野=京都府久御山町

 米大リーグのダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)となった平野佳寿投手が18日、2020年シーズンの所属先が未定となっていることに言及し「向こう(米国)に行った以上は、何年もやることが(古巣の)オリックスにとってもいいこと。長くやっていけるように頑張る」と話した。

 京都府久御山町での自主トレーニングでは、ランニングやキャッチボールなどで鍛え「いい感じ。納得する球も投げられている」と手応えは十分。昨季は右肘炎症で離脱も経験したが「けがなく、というのが一番。60、70試合を目指して、1試合でも多く投げたい」と話した。

 今月下旬に渡米する予定。