「秋田万歳」掛け合い軽妙 鑑賞会に県内外の70人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軽妙な掛け合いで笑いを誘った秋田万歳
軽妙な掛け合いで笑いを誘った秋田万歳

 秋田市の伝統芸能「秋田万歳(まんざい)」の鑑賞会が18日、秋田市大町の旧金子家住宅で行われた。秋田万歳継承会(平川金一会長)の会員8人が軽妙な掛け合いで県内外から訪れた約70人の観客を楽しませた。

 市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」の主催で、今年で5回目。太夫役と才蔵役の2人一組で「御国万歳」や「ばんば舞」などの演目を披露し、秋田弁で掛け合ったり、手踊りなどを交えたりした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 377 文字 / 残り 189 文字)

秋田の最新ニュース