高橋七段が4勝、単独トップに 全県選抜囲碁、秋田市で開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
16人が熱戦を繰り広げた全県選抜囲碁大会
16人が熱戦を繰り広げた全県選抜囲碁大会

 第62回全県選抜囲碁大会(秋田魁新報社主催)が18日、秋田市山王のさきがけホールで始まった。昨年の戦績により選ばれた出場者16人がA、B組に分かれ、予選リーグ7局のうち4局を戦った。

 A組は、高橋新一郎七段(秋田市)が4勝で単独トップに立ち、3勝1敗の藤井陽光七段(鹿角市)と熊地洋行五段(秋田市)、今井恃己五郎六段(同)が追う展開となっている。

(全文 329 文字 / 残り 155 文字)