「来訪神サミット」男鹿で2月7日開催 全国の団体参加

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿市で開催される「来訪神サミット」のチラシ
男鹿市で開催される「来訪神サミット」のチラシ

 「来訪神サミット2020 in Oga」が来月7日午後1時から秋田県男鹿市民文化会館で開かれる。「来訪神 仮面・仮装の神々」として2018年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された全国の行事関係者が集まり、保存継承への思いを語り合うほか、行事を実演する。男鹿市などの主催。

 ユネスコ無形文化遺産に対する文化庁の補助金を活用した事業の一環。初めに文化庁文化財第1課の小林稔・主任文化財調査官が来訪神行事について講演する。

 午後2時からのシンポジウムでは「来訪神行事を未来へつなぐ」をテーマに行事関係者が意見交換する。無形文化遺産に登録された8県10行事のうち、8行事9団体が参加する予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 520 文字 / 残り 217 文字)

秋田の最新ニュース