足りない雪、地域の学び舎から確保 そり競争で盛り上がる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
子どもたちが乗ったそり競争などでにぎわった冬まつり
子どもたちが乗ったそり競争などでにぎわった冬まつり

 足りない雪は、地域の学び舎から確保―。能代市桧山地域の子ども冬まつりが19日、同市の桧山崇徳館の広場で行われた。例年は足元が埋まるくらいの積雪があるが、記録的な少雪の今年は、昨年閉校した旧崇徳小学校の体育館に積もった雪を軽トラックで運んで会場をこしらえた。

 まつりでは、どんと焼きを行い無病息災を祈った後、ミカン拾いやかるた大会などの雪遊びイベントを開催。約25メートルの雪上コースを2人1組で走るそり競争では、そりに乗った子どもたちがいきおい余って転げる姿もみられた。

(全文 339 文字 / 残り 103 文字)