京都市長選、現職新人三つどもえ 19日告示、2月2日投開票

お気に入りに登録

 任期満了に伴う京都市長選が19日告示され、与野党5党の支援を受けて4選を目指す現職門川大作氏(69)と、元市議村山祥栄氏(41)、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士福山和人氏(58)の2新人の無所属3人が立候補を届け出た。三つどもえの争いとなり、投開票は2月2日。

 3期12年の門川市政への評価や、観光が住民生活に悪影響を及ぼす「観光公害」への対応が主な争点となる。

 門川氏は自民、立憲民主、国民民主、社民各党の府組織と公明党本部の推薦を得ている。

 福山氏は市役所前の出発式で中学生までの医療費無料化を掲げ、村山氏は第一声で市長給与を半額カットすると訴えた。