将棋、藤井聡太七段が朝日杯4強 3連覇にあと2勝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は19日、名古屋市で指された第13回朝日杯オープン戦本戦トーナメントの1回戦で菅井竜也七段(27)、準々決勝では斎藤慎太郎七段(26)を破り、ベスト4に進んだ。羽生善治九段(49)に次いで、同棋戦史上2人目となる3連覇にあと2勝とした。

 準決勝で千田翔太七段(25)と対戦する。藤井七段は前回の決勝で渡辺明三冠(35)を破り、2連覇を果たした。朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦で、全プロ棋士が参加。準決勝と決勝は2月11日、東京都千代田区で行われる。