新スタジアム、外旭川案に知事同調 「そういうこともある」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久・秋田県知事は20日の定例会見で、サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田の本拠地となる新スタジアム建設を巡り、新たな候補地に挙がっている秋田市外旭川地区について「まちづくりとして、そういうこともある」と述べ、候補地の一つになり得るとの認識を示した。

 候補地として県と市がこれまで検討してきた市営八橋運動公園、秋田プライウッド本社(川尻)、秋田大学(手形)に関し、穂積志市長は今月上旬の会見で「3カ所とも課題を抱え困難」と指摘。外旭川地区が「有力な候補地の一つ」としている。佐竹知事もこの考えに同調した格好で、検討が進む可能性がある。

(全文 601 文字 / 残り 333 文字)