全豪テニス、大坂が連覇へ好発進 西岡も1回戦突破

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子シングルス1回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)
女子シングルス1回戦でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

 【メルボルン共同】テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは20日、メルボルンで開幕し、女子シングルス1回戦で2連覇を目指す第3シードの大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング59位のマリエ・ブズコバ(チェコ)に6―2、6―4で勝った。2回戦で世界42位の鄭賽賽(中国)と対戦する。第8シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)も初戦突破。

 男子シングルス1回戦で西岡良仁(ミキハウス)はラスロ・ジェレ(セルビア)を6―4、3―6、6―2、7―6で破った。

 大会は2月2日まで行われ、シングルスの優勝賞金は412万豪ドル(約3億1300万円)。