八橋球技場の施設命名権、新たに募集 秋田銀との更新ならず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田銀行のロゴ入りの看板が掲げられている八橋球技場
秋田銀行のロゴ入りの看板が掲げられている八橋球技場

 秋田市は「あきぎんスタジアム」の名称で運営する八橋球技場について、新たに施設命名権(ネーミングライツ)のスポンサーを募集している。命名権を保有する秋田銀行(同市)から、現行の命名権料で更新しないとの申し出があったため。市はスポーツ施設や図書館、動物園に命名権を導入しているが、契約更新に至らなかったのは今回が初めて。

 秋田銀との年間契約金額は325万円(税込み)。同行からの申し出を受けて市は、サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地が2019年シーズンから八橋陸上競技場(ソユースタジアム)に移ったことなどを踏まえ、命名権料を220万円以上(税込み)に見直して公募することにした。

(全文 890 文字 / 残り 592 文字)

同じキーワードのイベント情報