羽越線普通列車2本に遅れ 強風で線路脇の竹が架線に接触

お気に入りに登録

 JR秋田支社によると、21日午前5時55分ごろ、羽越線の金浦―仁賀保間で下り線脇の竹が傾き、列車に電気を送る架線に接触したため一時運転を見合わせ、下り普通列車2本に最大1時間10分の遅れが出た。強風の影響とみられる。

 現在は通常通り運行している。