頭も使って汗じんわり、認知症予防 コグニサイズ体験会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ラダーシートを使ったコグニサイズに挑戦する参加者ら
ラダーシートを使ったコグニサイズに挑戦する参加者ら

 頭を使いながら体を動かす認知症予防の運動「コグニサイズ」の体験会が19日、秋田市八橋の県立体育館で開かれた。50~70代の15人が参加し、自分のペースで体と頭を使うプログラムを楽しんだ。

 コグニサイズは、欧州発祥とされる。じんわりと汗をかく程度の有酸素運動と頭を使う作業を同時に行う。

 体験会は、県立体育館事務所がコグニサイズの普及を目指し、気軽に体験してもらおうと初めて企画した。来月1日午後1時半~3時にも開催する。対象は18歳以上で、定員150人。参加料230円。参加希望者には当日午後0時半から、同事務所の受付窓口で整理券を配布する。

(全文 734 文字 / 残り 462 文字)

秋田県は健康寿命日本一を目指しています