令和の皇居で自然観察を、宮内庁 4月と5月、参加者を募集

お気に入りに登録

 宮内庁は21日、皇居・吹上御苑での自然観察会を4月26日と5月4日に開催、参加者を募集すると発表した。4月は70歳以上の高齢者、5月は中学生以上が対象。近年は応募者が減少傾向で、同庁担当者は「都心で豊かな自然を楽しめる機会」とアピールしている。

 観察会は、皇居に残る自然を国民と共有したいという上皇ご夫妻の思いを受け2007年に開始。定員は各回30人程度。応募者多数の場合は抽選となる。参加費は無料。4月は付き添いなしで歩けることが条件。

 希望者は往復はがきで、宮内庁の管理課自然観察会担当宛てに申し込む。締め切りは2月21日(当日消印有効)。

同じジャンルのニュース